医院案内

神経をとらない治療Mineral Trioxide Aggregate

MTA セメントとは

MTAセメントは直接、歯の神経を保護できるなど歯の治療を行える治療法です。
虫歯が深く、歯の神経に近い場合や、歯の神経が出てしまうと歯の神経を取らなくてはいけないことがありますが、
歯の神経を取ってしまうと歯の寿命は短くなってしまいます。
そこでMTAセメントを使うことによって、できるだけ歯の神経を取らずに治療を行うことができます。
MTAセメントは高い効果体強度を継続的に維持でき、カルシウムイオンを継続的に放出します。
穴の空いた歯の部分を埋めたりすることもできる新しい薬です。
通常、殺菌力の強い薬は歯や周りの組織に対しても悪い影響を与えますが、
MTAセメントは体の組織に適度な刺激を与え、悪くなってしまった部分を再生させる作用があります。

覆髄(神経を保護する)治療

露出した非感染生活歯髄に用いることにより、外来刺激による障害から保護する覆髄材です

特殊な薬(MTA)を使い、神経を取らない治療法に用いるセメントです。
神経を除去した場合の根の中の防腐剤として用いる場合もあります。
セメント自体、強アルカリ性で抗菌性が強いのが特徴です。
①レントゲンでC2~C3(痛みないが大きい虫歯)ではあるが自発痛がない場合に適応。
②処置後、抜髄になるかもしれない(可能性あり)
③咬合痛、慢性痛時は抜髄へ
レントゲンでC2~C3(痛みないが大きい虫歯)ではあるが自発痛がない場合に適応。
処置後、抜髄になるかもしれない(可能性あり)
咬合痛、慢性痛時は抜髄へ
【適応】
・窩洞形成や外傷によって偶発的な小露髄(直径2mm未満)を生じた症例
・歯髄に感染が生じていない症例
◆カルシウムイオンを継続的に放出 ◆高い硬化体制度を継続的に維持 ◆強アルカリ性を維持
pH=約12(硬化初期)



◆優れた封鎖性
5-55℃サーマルサイクル2000回後の辺縁漏洩試験(n=10)にて全て漏洩なし

神経を除去した場合の根の中の防腐剤として使用

①側枝等の残髄炎を防止する。
②経過不良にも適応(感染根管処置後の根充にも適応)